スタジオねむ・ひみつにっき

アクセスカウンタ

zoom RSS メロンとプリペット

<<   作成日時 : 2006/09/04 16:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 昨夕、熱田氏(ブレイクエイジ7巻とオフィシャルガイドブックのCGを描いてくれた兄ィです)がウラちゃんメロンを届けに、一家で訪ねてくれました。
 現在北海道在住のウラちゃん、夏の間農家のお手伝いを始めて数年になりますが、毎年のように岡山の友人知人に夕張メロンを送ってくれるのです。今年なんかはあちらでのお仕事の立ち上げで大変でしょうに、ほんに申し訳ない。でも嬉しい。ありがとう〜いただきます〜(^^)/!
 ナイスタイミングなことに「ぱっくんぽっけ」181号の作画でメインアシさんが詰めてましたから、食べ頃のところを1コ持って帰ってもらうことができましたよ。
 それはそうと、熱田家の上の女の子が大きくなっててびっくりでした。以前来てくれたのは、その子が1歳くらいの頃でしたが、今はもうしっかりお姉ちゃんです。大人が世間話で盛り上がってるあいだ、仕事の資料にしていた子供図鑑を読んでもらってたのですが、ほんに利発で心根の優しいお嬢ちゃんになってて。いいな〜女の子。また4,5歳のころって、知識の吸収が凄いですよね。うちの男の子も、小さい時にもっと手をかけてやりたかったです。

画像 で今朝、ぱっくん181号の漫画がつつがなくUP。
 朝方3時間ほど仮眠してしまったので、夜まで起きておくことにして、ずーーーっと気になってたプリペットの生け垣を剪定しました。
 この前刈り込んだのはいつだろう……ちょっとブログを検索してみましたが、にわかにみつかりません。記憶に間違いがなければ、去年の夏〜秋に、150cm高さにばっつんと揃えたと思うのですが、その生け垣が、7月の雨続きで元気づいたのか3m高さにまで育って、日照り通しだった8月中、水もやらないのにワサワサと良く茂っていたのです。あれは生け垣じゃありませんでした。もうなんか防風林って感じ。
 それを ちぇいあるどんと2人して、今度は130cm高さに刈り込み。今年はその高さでも径3cmを超える枝があり、鋏ではなんともならず、工作用のピラニア鋸が出動。1時間ほどで景気よく刈り込んで終わりましたでしょうか。
 刈り込み始めた時にちょいとお出かけだったお隣の小父さんが、帰って来るなりびっくりして
「またサッパリしたなぁ〜!! 家が風邪ひくでぇ(^▽^)」
と笑いながらおっしゃってましたよ。

 さて刈り込みより、刈った枝の始末の方が大変。落とした枝が、前庭と駐車場いっぱいに積み上がるくらい大量だったんです。
 小さく切ってるときりがないので、30cmほどにバキバキ折りながらみっしり袋に詰め、70リッターのゴミ袋を7枚も消費。その作業だけで4時間近くもかかって愕然としました。できれば次から植木屋さんに頼みたい所なんですが、どれだけ費用がかかるかしら。ガクガク。

 しかしプリペットの伸長力というか、生命力には毎回驚かされます。
 1年で高さが150cm増、主幹は径1cm以上太ってると思います。もっと頻繁に刈り込めば、葉の詰まった美しい生け垣になるでしょうそりゃ。いや生け垣なんて地味な使い方しなくても、綺麗な木なんですから、単体でシンボルツリーだって張れるんじゃないかしら。
 駐車場横に1本だけ残ったハナミズキ、今年も息も絶え絶えなみすぼらしい有様なんですが、もしそれがダメになったら、マジで実生のプリペット(庭にたくさん生えてるんです)に植え替えるつもりです。

---
写真/プリペットの花(2004年5月撮影)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
メロンとプリペット スタジオねむ・ひみつにっき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる